ブログパーツ

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

ゲーム配信始めました

Twitchに配信チャンネルを作りました。
そんなに頻繁に放送はしないと思いますが・・・

ということで今回は配信環境作成の話です。

配信方法は色々ありますが今回はアマレコTVのライブ機能と、
FMEを使う事にしました。

他の方法を試したところ上手く行かなかったので、
その時は諦めたのですが今回は上手くいきました。

必要なものや設定などは
VIPで初心者がゲーム実況するには@Wiki ~アマレコTV Live
こちらのページを参考にしました。

これで今回の記事を終わらせてもいいくらい
そちらのページに依存していますw

アマレコでゲームを録画して動画を作成できれば
ライブ配信も既にできていると言ってもいいでしょうね。

ステレオミキサーはX-Fi Go! PROを使っています。

アマレコのライブ機能をインストールし、アマレコの設定画面で
ライブ機能を使うにチェックを入れて、fpsやリサイズを設定、
マイクは何を使うかなども設定します。

Twitchは高画質配信が可能なので
fpsは30、リサイズは630 * 354に設定しました。

ニコニコで生放送をしたいのであれば「512 * 384」
環境によっては320 * 240を選ぶ必要があるそうです。

次に配信ソフトの設定ですね。

FMEの設定も参照先に書いてあるのですが、
ここもTwitchであるため俺の環境はちょっと違います。

リサイズは上記の通り630 * 354
352にしたほうがピッタリのサイズになったりするようですが、
そこまでこだわっていないので354にしました。

ここまででとりあえず配信は出来るようになりましたが、
苦労したのが配信映像が汚くなってしまうという問題をクリアする事でした。

重要なのがFMEの設定画面の「フォーマット」の設定かなと。

フォーマットはH.264を選び、横にあるスパナのアイコンをクリックして
設定画面を呼び出します。

「プロファイル」:Main(PCで観る事を想定した設定)

「レベル」:4.1

「キーフレーム数」:3second

キーフレーム数が多いと激しく動くゲームは画面が汚くなりますね。
その代わり配信を見ている人の画面が軽くなるのだとか。

色々参考になるサイトはあるので、FME 高画質 配信
などと検索すると幸せになれるかもしれません。

細かいところを突き詰めるともっと綺麗な画質にしたり、
ぬるぬる動いてる様子を見せられたりするのかもしれませんが、
俺は今の状態で満足していますね。

キャプボとか合わせても1万5000円も使っていませんし、
安くなりましたよねホント。
(試行錯誤のためにあれこれ買っているので実際にはもっと使ってますがw)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »