ブログパーツ

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 地球防衛軍4 ~Infミッション70「闇の魔窟」で武器稼ぎをしてみた | トップページ | ドラゴンズクラウン ~買いました »

地球防衛軍4 ~Infミッション71で武器稼ぎをしてみた

今回はウイングダイバー用の稼ぎとして紹介されている、
ミッション71『殺戮の女王』での武器稼ぎを実践してみました。

装備は↓こんな感じ

Amarec20130725173104


武器はサンダースナイパー40とサンダーボウ30です。

基本的にサンスナを2発ほど撃ち、その後サンボウに
持ち替え敵を倒しつつENの回復を待ちます。

ENがある程度回復してきて、サンボウの残り弾数が
少ない場合はリロードをします。

その際に襲われた場合はサンスナを撃ち対応します。
もし次撃つとオーバーヒートを起こす場合でも
撃って大丈夫です。

オーバーヒート中はリロードが終わったサンボウで対応すれば
オーバーヒートが収まるまで十分耐えられます。

サンスナは複数の敵を1発で倒してくれるので、
サンスナを撃って直ぐ目の前の敵が生きてる可能性はほぼないです。

開幕直後、下の穴に溜まっている蜘蛛めがけて、
空を飛びながらサンスナを撃ち込みます。
出来れば2発撃ちこみたいです。

Amarec20130725173347

うようよいるのでガツンと撃っちゃいましょう。

2発撃つとENが黄色くなると思いますので、
サンボウに持ち替えて、後ろに下がりながら
上がってくる蜘蛛を倒します。

この際極力歩いて動きながら蜘蛛を処理して下さい。
蜘蛛の糸が地面を貫通してきて危険ですので。

サンボウだと大体1匹ずつしか倒せません。
サンスナを上手いこと使い分けて集団をサンスナで、
個体をサンボウで蹴散らすのが理想です。

蜘蛛を排除したら次は崖下に降ります。

が、ある程度降りると敵の増援が現れるので
着地すること無く上昇し、崖上に戻るようにしてください。

今度の相手は蜂です。

Amarec20130725173649


蜂の針も地面を貫通します(画像参照)
常に歩きまわるようにしましょう。

ある程度倒すと足元にいる蜂だけが残りますので、
下に降りて横穴に向けてサンスナを撃ちこめば排除出来ます。

全部倒すと味方隊員が応援に駆けつけるのと、
少し進んだ場所に蜂が湧きます。

この時点で武器箱が1つもないようなら再出撃を選択しましょう。

アイテム回収したら次の地点に移動します。

Amarec20130725173951

遠目からペチペチ撃てば余裕で処理出来ます。
全部倒すといよいよ女王蜂ご一行が最奥に出現します。

ちなみに女王蜂は2匹出現します。

雑魚蜂はサンスナやサンボウを適当に
放っていれば勝手に死ぬので気にしなくて良いです。

ここでできるだけ早く倒したいのはやはり女王蜂です。

女王蜂は「飛んでいる時のみ針を飛ばしてくる
という特性があります。

Amarec20130725174317
↑女王蜂の巨大針

この時に顔を出して狙撃するのは危険なので、
今立っているような位置くらいから少しだけ見える
足や羽を撃つくらいにしておきましょう。

壁などを歩いている女王蜂は攻撃をしてきません。
格好の的ですのでサンボウをありったけ撃ちこむなどして
なるべくダメージを稼ぎたいところですね。

Amarec20130725174155


女王蜂は危険ですし生きているとアイテム回収が
難しいので出来れば最後の1匹にはしたくないんですよね。

ある程度敵を排除し終えたらアイテムを回収しに向かいましょう。
絶対に失敗したくないorアーマーが低いという場合は、
大穴前のアイテムだけを回収して敵を全滅させてもいいと思います。

敵を全滅させるとすぐにミッションが終了となりますので、
注意してください。

今回はSSを撮る関係上ソロでやっていますが、
画面分割でやりたいところですね。

個人的には魔窟よりも楽なので、稼ぎに適していると思います。

蜂の針に比べると蜘蛛の糸のほうが壁を貫通する分危険ですし、
食らうと死ぬ可能性が高いので厄介ですしね。

« 地球防衛軍4 ~Infミッション70「闇の魔窟」で武器稼ぎをしてみた | トップページ | ドラゴンズクラウン ~買いました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地球防衛軍4 ~Infミッション70「闇の魔窟」で武器稼ぎをしてみた | トップページ | ドラゴンズクラウン ~買いました »