ブログパーツ

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

映画・テレビ

ハートロッカーを観ました ~ネタバレあり?

アカデミー賞に輝いたハートロッカーを観たんですけど、
俺にはメッセージ性を感じる事があまりできませんでした。

リアルさという部分に関しては、イラクの状況や雰囲気、
主人公"以外の”兵士の心理状態くらいだったんじゃないでしょうか。

少なくとも主人公には現実味を感じ無かった。

罪もない人間に爆弾を埋め込む「人間爆弾」や、
テロとは関わりのない一般市民に爆弾を巻きつけて、
米軍関係者や民間人の爆殺をもくろむテロの非道さなどは伝わってきましたけど、

主人公があまりにもリアリティを欠いた行動を次々と起こすせいで、
「映画だぞ」っていうメッセージを強く受け取ってしまうんですよね。

リアル路線を目指したのか、ある種のエンターテイメントを目指したのか、
という感じで中途半端ですね。

前者として俺は観ることが出来ませんでした。
後者として考えた場合は楽しめる作品ではありますね。

爆弾を処理する、解体作業を見守る人の中にテロリストがいる、
という2つの点から来る緊張感というものはありますけど、
これもまた主人公の奇抜な行動のせいで若干冷めてしまう・・・

そもそもテロを何故彼らが引き起こさざるを得ない状況になっているのかという
この手の作品ではほぼ描かれるのが必須に近い項目が描かれていないので、
視点がずれちゃうんですよね。

確かこの映画って反戦映画だったと思ったんですけど、
観ているだけでは反戦をうたっているようには思えませんでした。

「え?このシーンいる?」っていう所もあったし、
1日1日で区切るような作りをしているので
映画よりもTVドラマシリーズ化したほうが良かったんじゃないかとすら思いました。

そういうものであれば、このくらいの非リアルな部分があっても
問題ないというかむしろ良いわけで。。

結局ナイーブなイラク物を作ったからほめられただけのような、
なんというか「重さ」を求めて借りた俺としては
そこまで評価される映画じゃないなという感想です。

映画としては面白い部類だとは思いますが、
戦争ものとしては正直微妙だと思います。

ちなみに、俺は完全な映画よりも突っ込みどころがあるような映画のが好きです。
観終わったあと人と議論できるのが1番いいと思う。

そういう意味では合格

良すぎて感想を言い合うよりも、突っ込みどころにつっこんでいく作業
というのが映画の醍醐味だと思ってるんでw

それと、あまりにも有名な俳優が出ていないほうがいいですね。
通な人は知っているのかもしれないけど、俺みたいによっぽどの人以外は
名前を覚えようと思わないタイプの人間なら気づかないくらいが丁度いい。

まあ、デンゼル・ワシントンとか一部好きな俳優が出ているものは
チェックしますけど「この人がこんな役で終わるはずがない」
という風に思えないほうが好きなんです。

だから、あまりにも有名な俳優がいない方がいいなって。

観たことがある人がどんな役か、どんな演技をするのかというのを
観たい人もいるでしょうけど、俺はその作品の◯◯さんとしてしか
みたくないっていうのもあるので、よっぽど目にする人以外は覚えません。

あれ?あの人があんな序盤であっさり死んじゃった
という映画は逆にそういう気構えをせずに済む映画だと
すぐに認識できるので結構好きです。

翌日に観た「トレイター」という映画のほうがテロリストの
心理というものが描かれているので、こちらのがプッシュできるかな。
日本では未公開だかなんだかでDVDだけしか出てませんけどね。

映画 『ダークナイト』

ツタヤディスカスで借りたはいいが、1ヶ月見ずに放置していた
バットマンの最新映画「ダークナイト」を観ました。

この映画で話題をさらったのは、バットマンではなくジョーカー役の
ヒース・レジャーの凄まじい演技でした。

バットマンという名前をタイトルから外したのも、
このジョーカーがあったからではないでしょうか。

しかし、2008年の1月に、彼は突然亡くなってしまったので、
違う役を演じる姿を見ることが出来ないのは本当に残念です。

映画は面白くないと、2時間映画でも長く感じますし、
「こんなシーンいらないだろ」と思うこともありますが、
この作品は2時間半近い映画なのにも関わらず、
長いとは全然思いませんでした。

展開が速いのに、人間の心理をえぐるような
ジョーカーのあの手この手の策と、
苦しみながらも前に進むバットマンとの対比、
そして人間そのものを考えさせる脚本は見事です。

この映画は吹き替えも素晴らしく、吹き替えは絶対にNO!
と思っている人でなければ、吹き替えで観ても良いと思います。

私はむしろ吹き替えのがより良い映画になるように思えました。

マジックアワーが思ったより面白くなかったので、
ダークナイトの面白さが際立ちましたね。

残酷で悲しい話ですが、考えさせられる良質な作品でした。

映画『蟲師』 ~映像には満足したが・・・

最近あまりDVDを借りてきても感想を書かずにいましたが、
今回は久々に書いてみようと思います。

『蟲師』
原作は同名の人気コミックです。

主演はオダギリジョー。
ギンコ役としてはもう少しけだるそうな感じが
欲しいところですが・・・・

あのやる気の無さというか、常人とは違うものを
観てきた者の眼つきみたいなのがあればなあと。
無理か。

そして、淡幽役には蒼井優。
こちらは雰囲気から何からぴったり。
出来れば髪型も似せといて欲しかった。
(ちなみにレンタルした大きな要因は
蒼井優が出ている事だったりするw)

でもって、脚本と監督は大友克洋

蟲師の世界観が出ていて好感は持てましたが、
蟲師の世界観を描くことと、蟲師を読んだことが無い人でも
ある程度見られるものにしようという感じの作りをしていて、
なんとも映画的な印象を受けました。

「映画としては悪くないが蟲師としては失敗している」
そんな映画です。(映画としても65点くらいですがw)

虹蛇(こうだ)を追いかける男(虹郎)の話、ぬいの話、
角の生えた子供を救う話、狩房家の話

この4つのストーリーを選んだのは悪くありません。
蟲師の世界観、ギンコという人物像、そして取り巻く人々を
描くというか見せるには、うってつけのストーリー選択であり、
非常に良い絞り方をしていると思います。

しかし、2時間という時間の中で描ききるには、
ちょっと分量が多いように思います。

実際、虹蛇の話なんかでは大事な部分までをも
削ぎ落としてしまっています。
あの話で大事なのは、虹郎自身よりも、
そのお父さんだと思います。

彼のお父さんの話があって、彼が虹蛇を追い求めることに
なるわけですから、そこを削るのはどうかと思います。

またぬいの話は、蟲師の根幹に関わる大事な話です。
謎の多いギンコの誕生秘話とも言うべき話ですから、
ここは一切の変更をしないでもらいたかった。
そもそも、江角マキコが合ってないと思う。

なぜ原作通りにぬいが銀蠱(ぎんこ)によって
あの池の中で消されたことにしなかったでしょうか。

あんな風に変えてしまうのは、この話のよさを
作り手が理解していないのでは?と疑ってしまう。

細かい事を言うと、ぬいは常闇にヨキの眼を一つくれてやれと
言って右目を硬く閉じさせるために、ヨキの右眼に触れます。

が、映画ではくれてやれと言って、眼を抜き出すために
左目に触れています。変な描写を加えるな。
ただCG使いたかっただけなんじゃないのかと。

ぬいにとってヨキは息子同然になっていたのです。
くれてやれとはいっても、自分の手で息子を傷つける
そんなことはしないのですよ。

守るほうの眼に触れて閉じさせる
これに意味があるんです。

それが表現できなかったのは、ぬいからキノコの
選別の仕方を教わったりするシーンを描いていないから。
ただ一緒にいて情が移った程度の描写じゃ足りません。

漫画ではぬいのヨキにかける言葉の端々に
母親のような優しさが見て取れますが、
映画ではそういう部分が足りていない。

「ヨキー!ヨキー」と叫ばせる演出は酷すぎるし、
老婆となって彷徨うなんてのもおかしいです。
というか一緒にいたオヤジはなんなのw

その挙句にラストのあの描写。
意味が分かりません。

あと、淡幽との話にも不満があります。

まず淡幽の背負っている運命の過酷さ、残酷さを
表現してもらいたかった。

映画の中で、ギンコが虹郎に淡幽を
『だから好きだといえないんだ』と語るシーン。

そういうのをあえて口にしてないから良いのに、
何で明言させるのか疑問に感じます。

もう一つ。
原作でギンコが淡幽に「お前足が治ったらどうするんだ?」
という質問をすると、淡幽が「お前と旅がしたい。」
「その頃には私は老婆だがな」と答え、

今度はギンコが「いいぜ。」
「それまで俺が無事に生き延びられてたら」と答える。
というシーンがあるんですが、この生き延びられてたら
という台詞を映画ではなんと虹郎に向って言っちゃってるんです。

ああ名場面が崩れていく。

そりゃ漫画どおりそのままやるんじゃ芸がなさ過ぎますけど、
壊しちゃいけない、変えちゃいけない部分ってのがあるんですよ。
それを壊すのは良くない。

蟲師はハッピーエンドで終わる話ばかりじゃないけど、
それでも心に何か良いものが残るんですよ。
その余韻とも言うべきものが映画には無かった。
CGで蟲を表現することよりも、そちらを重視してもらいたかった。

やっぱり漫画やアニメが原作のものを実写化するのは、
難しいものなんですね。

ドラゴンボールなんて酷すぎて観られたものじゃ
ないんだろうなあ。

映画『鉄コン筋クリート』

『鉄コン筋クリート』を見ました
http://www.tekkon.net/

蒼井優がすげぇ

シロの声を蒼井優が担当していることは、宣伝でも大々的に
やっていたので知っていたのですが、声を聞いても
「本当に蒼井優?」と思ってしまうくらいに
声が違っていました。

「声優」の仕事をここまでやり切っているのは凄いとしか言いようがない。
主人公クロを演じている成宮(二ノ宮じゃありませんでした;;)
なんたら君と比べると、元の声といかに違うものにして
演じているかがわかります。

蒼井優じゃなくてもいいんじゃね?と思ってしまうくらいですw

肝心のストーリー自体はそんなに面白くなかったです。
ありがちの一言に尽きる。

映像は面白かったのですが、世界観などに真新しさはなく、
話の展開も読めてしまい、残念な作品でした。